Quote
"たとえば「ラジオを有線でつないでご近所間でのコミュニティ放送を立ち上げ、みんなが自分の発表したいコンテンツを流す」「幻灯機を自作しただけでは飽き足らず、物語を創作して、それをみんなに見てもらう」なんてのは、ニコニコ生放送やyoutubeの先取りではないか。まだ電話が貴重品で、個人用の電話も夢物語だった時代。糸電話ネットワーク(オバQがその特殊能力を利用する)で、友達同士で自由に雑談をできるなんて、いかにも時代を先取りしているではないか。

 これからドローンという「空を飛ぶ」能力が個人化していく時代。「未来を想像した、SF予言書としてのオバQ」にも注目してほしい。"

余り話題にならんが「オバQ誕生50年」の節目です/オバQをうまく描く、たったひとつのこつ(藤子先生直伝)。 - 見えない道場本舗

Quote
"・実はオバQのパートナー「正ちゃん」はワトソンでものび太でもなく、えらくアグレッシブにアイデアや企画を発案し、それを皆にプレゼンテーションし、賛同を得て人員を組織化、資材も用意してその夢想を実行に移すという、とんでもないリーダーシップの持ち主。その卓越したリーダーシップを、オバQがサポート…それも消えるとか空が飛べるとか、ドラえもん的万能の才能ではない。正ちゃんが、うまくその限定した能力を、それが生きる場所を与えて活用するのだ。孔明か、劉備か。

これも以前、一本を紹介した。
「オバQ愛蔵版「貝殻でお金ごっこ」の話が、経済学の初級寓話として素晴らしい件 - 」 http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20100207/p3

彼が子ども時代に実行したプロジェクトはこの「独自の地域通貨とマーケットの建設」だけでなく
 
※宇宙ロケット開発
※電話ネットワーク構築(糸電話)
※模擬裁判
※民間の「子ども図書館」
※幻灯機による自作の物語上映(スライドや指人形など)
※探偵活動
※独立国の建設(オバQ島)
※無人島的自給自足の生活
※要塞の建築
※ラジコンを利用した模擬戦争ゲーム
※8ミリのサスペンス映画撮影
 
……アイデアと智謀、わくが如し。というか、以前かいたがこの男、むしろ革命家の素質すらある。"

余り話題にならんが「オバQ誕生50年」の節目です/オバQをうまく描く、たったひとつのこつ(藤子先生直伝)。 - 見えない道場本舗

Photo
(「現代社会のカリカチュア / パウル・クチンスキーによる風刺画」 : NEW WAY.NEW LIFEから)
Photo
daily-infographic:

Neat: Visual History of the YouTube Player (2005 to 2013)http://daily-infographic.tumblr.com/

daily-infographic:

Neat: Visual History of the YouTube Player (2005 to 2013)
http://daily-infographic.tumblr.com/

(kzgwssから)

Photo
『…ダイソーの100円五線ノート。12段50ページで100円!(^O^)
和声学の課題の実施などに便利!
でも調号が変…>_<…拍子もよくわからない上に繰り返ししてる…(*_*) pic.twitter.com/xkr1fqRKKU…』
 (https://mobile.twitter.com/etsuo2/status/492648484873326592”>Twitterから)

『…ダイソーの100円五線ノート。12段50ページで100円!(^O^)
和声学の課題の実施などに便利!
でも調号が変…>_<…拍子もよくわからない上に繰り返ししてる…(*_*) pic.twitter.com/xkr1fqRKKU…』
(https://mobile.twitter.com/etsuo2/status/492648484873326592”>Twitterから)

Quote
"新垣隆、中村紘子先生のためにモーツァルト、ピアノ協奏曲のカデンツァ作曲ですって。まあ、こういう仕事の方が「HARIKOMI」より向いているわね。 barks.jp/news/?id=10001…"

Twitter

Photoset

type-lover:

Hungarian Design Year
by Adam Katyi

Quote
"投稿いただいた写真どれを見ても面白いので、いっそのこと全部公開することにしました。
こちらのTimblrにすべてアップしてあります。

街角エラー画面コレクション Tumblr"

街角エラー画面コレクション第2回 エラー画面70枚、勢揃い - デイリーポータルZ:@nifty (via kogumarecord)

(zzz4から)

Quote
"アップル・IBM連合が狙うモバイル端末の企業向けシステムの分野は、未開拓に近い状態なのである。
 
 もちろんiPhoneやiPadを活用しているビジネスマンは多い。しかし、それはいわゆるBYOD(Bring Your Own Device)と呼ばれる「個人所有の機器の持ち込み」であって、必ずしも“会社公認”というわけではない。しかも、業務に用いられているとはいえ、ほとんどがiPhoneならメールとスケジュール管理くらい、iPadなら1対1の顧客プレゼンテーション程度でしか使われていないのが実態で、多くの大企業が保有する高度な企業内ITシステムとつながっている例は少ない。
 
 今回の提携を受けて、あるIT企業関係者は「いわばBYOD時代の終わり。iPhoneやiPadが正式な企業システムとして売られるということであり、企業のIT管理部門は大歓迎だろう」と語る。"

アップルとIBMが提携 「BYOD」市場は終焉へ|inside Enterprise|ダイヤモンド・オンライン
 
- - - - - - - - - - - - - - - -
BYOD(Bring Your Own Device):個人所有の機器の持ち込み

Photoset
Photo
去年聞いた数学ジョーク 
 
_人人人_ 
> 真 <
  ̄Y^Y^Y ̄
 
 (Twitter / yktm_0529: 去年聞いた数学ジョーク _人人人_ > 真 <  ̄ &#8230;から)

去年聞いた数学ジョーク
 
_人人人_
> 真 <
 ̄Y^Y^Y ̄
 
(Twitter / yktm_0529: 去年聞いた数学ジョーク _人人人_ > 真 <  ̄ …から)

Quote
"ロッド・サーリング(Rod Serling, 1924年12月25日 - 1975年6月28日)は、アメリカの脚本家。テレビドラマを中心に活動した。テレビシリーズ『トワイライト・ゾーン』の脚本を手掛け、自らも出演した(略)
 
のちに彼はインタビューの中で、SFという形式を採ったのは検閲を逃れるためだったと語った。当時はまだ人種問題や軍隊などについて大っぴらに語ることが難しかったため、彼は自身の体験に基づく社会的なメッセージをSFファンタジーのヴェールにくるんで表現したのである[1]"

ロッド・サーリング - Wikipedia

Quote
"ピエール・ブール(Pierre Boulle, 1912年2月21日 - 1994年1月30日)は、フランスの小説家。(略)
 
ナチス・ドイツがフランスを占領し、仏印の植民地政府が親独派のヴィシー政権の側に付くと、彼はシンガポールに逃れドイツとの抗戦を訴える自由フランス軍に加わっている。
 
その後のブールの行動については2つの異なる経歴が知られている。
 
・ブールは自由フランス軍の一員として中国・雲南省に赴き、中国国民党と接触、ゲリラ兵として仏領インドシナに戻り、1943年に日本軍の捕虜となる。翌1944年に捕虜収容所を脱走し、イギリス軍の水上飛行艇で脱出。カルカッタで特殊作戦執行部(SOE)のフォース136(英語版)に志願し、現地で終戦を迎えた。
 
・ブールと面識があったミクール・ブルック(Micool Brooke)は別の経歴を聞かされている。ブールは自由フランス軍に加わると、ピーター・ジョン・ルールという英語の偽名で自由フランスの秘密諜報部員を務め、日本軍占領下の中国、ビルマおよびフランス領インドシナに潜入し、現地の反ヴィシー政権・抗日レジスタンス運動を支援していた。1943年にブールはメコン川を筏で移動しているところを仏印のヴィシー政権軍によって捕えられ、ブールは強制労働の刑に科せられる。1944年、連合軍の勝利が真近に迫ると、サイゴンの刑務所当局はブールの脱走を手助けしたというものである。
 
これについてDavid Boggettは、インドシナで工作活動を行っていたブールを捕えたのは日本軍であったが、ヴィシー政権寄りの立場を示していた仏領インドシナ植民地政府と仏印に進駐していた日本軍との間の協定により、フランス人であるブールの身柄は日本軍からフランス軍に引き渡されたのであろうと推測している。1944年にサイゴンの刑務所当局がブールの脱出を手助けしたのも、駐留日本軍とフランス植民地政府との間で悪化しつつあった関係の前後関係で理解しなければならないとしている。(略)
 
戦時中のインドシナで日本軍に捕らわれ、投獄された経験を基に書いた『戦場にかける橋』や『猿の惑星』で知られる。『戦場にかける橋』、『猿の惑星』は共に映画化され、ヒットした。"

ピエール・ブール - Wikipedia
 
- - - - - - - - - - - - - - - -
ピエール・ブール、J.G.バラード、ヴァン・デル・ポスト、カート・ヴォネガット、オリヴィエ・メシアン、大岡昇平……

Quote
"1942年4月20日、日本軍に降伏する。最初はスカブミの、次いでバンドンの捕虜収容所に囚われた。少なからぬ人数のさまざまな国籍からなる捕虜たちの士気を維持した働きでヴァン・デル・ポストは有名になった。他の者たちと一緒になって、基礎的な読み書きから学位程度(標準的な歴史のそれ)の授業を伴った「収容所大学」を組織し、また栄養上の必要を補うため収容所農場も組織した。いくらか基礎的な日本語を話せたがこのことは大いに役立った。"

ローレンス・ヴァン・デル・ポスト - Wikipedia

Photo
『…この表で明らかなように、AKB48は
①市場浸透戦略を中心に、
②商品開発戦略を適宜使いながら、
③市場開拓戦略は地方に同じコンセプトのグループを投入する、
という形で、PLCの成長期を迎えています。
 
ただ、東京(AKB48)、大阪(NMB48)、名古屋(SKE48)という3大経済圏に進出済みであること、人気上位のメンバーがやや固定化していること、正統派女性アイドルグループが進出できる分野へは、ほぼすべてに進出していることを考えると、さらなる成長のためには何か次の大きな一手、新商品の投入が必要になるでしょう。…』
 
 (AKB48の次の展開は、演歌系デュオか?アンゾフの成長マトリックスで、大胆予想!|新聞記事から学ぶ経営の理論|ダイヤモンド・オンラインから)

『…この表で明らかなように、AKB48は
①市場浸透戦略を中心に、
②商品開発戦略を適宜使いながら、
③市場開拓戦略は地方に同じコンセプトのグループを投入する、
という形で、PLCの成長期を迎えています。
 
ただ、東京(AKB48)、大阪(NMB48)、名古屋(SKE48)という3大経済圏に進出済みであること、人気上位のメンバーがやや固定化していること、正統派女性アイドルグループが進出できる分野へは、ほぼすべてに進出していることを考えると、さらなる成長のためには何か次の大きな一手、新商品の投入が必要になるでしょう。…』
 
(AKB48の次の展開は、演歌系デュオか?アンゾフの成長マトリックスで、大胆予想!|新聞記事から学ぶ経営の理論|ダイヤモンド・オンラインから)